医療関係者のみなさま
スマートフォン用製剤情報 iDINET QRコード
製品に関するお問い合わせ

ニプロ株式会社

医薬品情報室

フリーダイヤル0120-226-898

受付時間: 9:00~17:15
(月~金、祝日・弊社休業日を除く)

Q9. 先発医薬品と比べて情報提供が少ないが?

ジェネリック医薬品は、先発医薬品に比べてメーカーMRによる頻繁な訪問、情報提供が無いため、患者への説明不足、不安が生じないか。

A9
ジェネリック医薬品は、成分について安全性や有効性の情報が蓄積された上で市場に出ることになるため、提供すべき新たな情報が先発医薬品(新薬)ほど多くないことから、MRによる訪問頻度が少なくなることはあり得ます。その場合であっても、メーカーは必要な情報提供を行うことが求められますし、またインターネット等を通じて情報を収集することも可能です。

メーカーのMR(医薬情報担当者)の役割は、医薬品の有効性及び安全性等に関わる情報を医療関係者に提供することです。したがって、その情報提供頻度は、医薬品を有効かつ安全に利用するために必要な情報発生量と比例するものと考えます。

先発医薬品(新薬)は、承認を受けて市場に出ることにより、それまでの治験段階とは比べものにならないほど多数の臨床使用例が発生するため、治験時にはわからなかった有効性及び安全性等に関する新たな情報が発生します。そこで、比較的高頻度にMRが医療現場を訪問して、担当する医薬品の情報収集と情報提供を活発に行い、医薬品の有効性と安全性の確保に努めることになります。

一方、ジェネリック医薬品は、先発医薬品(新薬)の使用経験によって有効性、安全性の情報が蓄積された上で市場に出ることになりますので、先発医薬品が承認された直後と比較すると提供すべき新しい情報が少なくなる傾向にあると考えられます。ただし、情報提供が必要な場合には、ジェネリック医薬品も先発医薬品と同様に適切な情報提供を行うことが求められるのはいうまでもありません。また、ジェネリック医薬品メーカーからは、MRの訪問以外の様々な媒体を活用した情報提供が行われています。

ジェネリック医薬品の安全性及び有効性に関する各種の情報については、「後発医薬品のさらなる使用促進のためのロードマップ」(平成25年4月5日厚生労働省)(※17)に基づき、各メーカーは自社ホームページへの掲載を含め資料請求への対応を行っているほか、日本ジェネリック医薬品学会JGAのホームページからこれらの情報にアクセスすることも可能となっています。

なお、PMDAでは、登録いただいた方に最新の使用上の注意の改訂内容など医薬品・医療機器の安全性情報等を迅速に配信するサービス「PMDAメディナビ」を行っていますので、先発医薬品、ジェネリック医薬品に限らず、より迅速な情報収集にご活用ください(Q7参照)。

(※17)
後発医薬品のさらなる使用促進のためのロードマップについて
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002z7fr.html

ジェネリック医薬品への疑問に答えます ~ジェネリック医薬品Q&A~(厚生労働省:平成27年2月版)」をもとにニプロESファーマ株式会社作成

Q&A一覧へ戻る

当サイトに含まれている文書・写真・イラスト等の利用については、ご利用規約をご覧ください。


ADOBE® READER® をダウンロード

PDFファイルの閲覧にはADOBE® READER® のインストールが必要となります。

Adobe社のサイトより無償でダウンロードすることができます。

最新のADOBE® READER® をダウンロードする。

Copyright © 2017 NIPRO ES PHARMA. All Rights Reserved.