Question
【一般的事項・当局関連 等】
「準先発品」とは何ですか?
Answer
昭和42年以前に承認・薬価収載された医薬品のうち、同一剤形・規格で価格差のある後発品が存在する医薬品のことを「準先発品」と言います(内用薬及び外用薬に限る。)
  ニプロESファーマには、準先発品として次の製品があります。
   アドナ(錠10mg・錠20mg・散10%)、ハイボン(錠20mg・細粒10%)
<参考>
 ●一般名処方での加算対象となるか?
   準先発品は、後発品のある先発品と同様に一般名処方での加算対象となります
 ●後発医薬品の数量シェア(置き換え率)を計算するための計算式に含まれるか?
   準先発品は、「後発品のない先発品」、「先発でも後発でも準先発でもない長期収載品」※については、
   後発医薬品の数量シェアを計算するための、計算式の分母、分子に含まれません

※「先発品でも後発品でも準先発でもない長期収載品」とは、
     昭和42年以前に承認・薬価収載された医薬品のうち、同一剤形・規格で価格差のある後発品が存在しないものが該当します。
    一般名処方の加算対象とはならず、後発医薬品の数量シェア(置換え率)の計算式にも入りません。

 ニプロESファーマには、先発品でも後発品でも準先発でもない長期収載品として、次の製品があります。
   アスパラ配合錠、アスパラ-CA、アスパラカリウム、アスベリン、チウラジール、ハイボン(錠40mg・細粒20%)、フスタゾール、ベストン、メチエフ
管理番号:51695
同じ製品のQ&A
Copyright © 2017 NIPRO ES PHARMA. All Rights Reserved.