アトロピン硫酸塩注0.5mg「タナベ」

Excelダウンロード

基本情報

販売名
アトロピン硫酸塩注0.5mg「タナベ」
日本薬局方名
アトロピン硫酸塩注射液
日本標準商品分類番号
871242
薬効分類名
アトロピン製剤
製造販売元
ニプロESファーマ(株)
診療報酬上の後発医薬品
該当しない
経過措置期間
設定無し
品質再評価終了状況
(オレンジブック)
-
長期投与上限日数
-
先発品でのみ承認されている効能効果/用法用量
承認日
2007/05/10
発売日
1947/11
薬価基準収載年月日
1951/08/01
貯法
室温保存
遮光・密封容器
有効期間(使用期間)
(3年)
規制区分
劇薬
処方箋医薬品
内用外用注射区分
注射
薬価
95
規格単位
0.05%1mL1管
有効成分
1管(1mL)中
日局 アトロピン硫酸塩水和物 0.5mg
製剤写真
剤形・形状
無色澄明の液
識別コード
─ [本体]  ・ ─ [包装:オモテ] ・ ― [包装:ウラ]

コード一覧(規格分類)

薬価基準収載医薬品コード
 
統一名収載医薬品コード
1242405A1011
YJコード
1242405A1062
レセプト電算コード
(統一名レセプトコード)
620005855(641240040)
一般名コード (※)
 
一般名処方の記載例 (※)
 

※参照元:厚生労働省作成 一般名処方マスタ

コード一覧(包装)

包装単位
【参考】
JANコード
GS1コード
統一商品
コード
HOTコード
調剤包装単位
販売包装単位
1mL×10管(アンプル)
4987813740698
04987813740711
14987813740695
813740698
1018394040101
1mL×50管(アンプル)
4987813740704
04987813740711
14987813740701
813740704
1018394040102
『「医療用医薬品へのバーコード表示の実施要領」の一部改正について』
(平成24年6月29日付医政経発0629第1号・薬食安発0629第1号)に従い、2015年4月出荷分より順次、個装箱のJANコード表示を削除し、GS1コード(販売単位用)の表示のみとしております。

添付文書情報(抜粋)

効能効果
【効能又は効果】
胃・十二指腸潰瘍における分泌並びに運動亢進、胃腸の痙攣性疼痛、痙攣性便秘、胆管・尿管の疝痛、有機燐系殺虫剤・副交感神経興奮剤の中毒、迷走神経性徐脈及び迷走神経性房室伝導障害、その他の徐脈及び房室伝導障害、麻酔前投薬、ECTの前投与
用法及び用量
◇アトロピン硫酸塩水和物として、通常成人0.5mg(1管)を皮下又は筋肉内に注射する。場合により静脈内に注射することもできる。
なお、年齢、症状により適宜増減する。
◇有機燐系殺虫剤中毒の場合には、症状により次のように用いる。
軽症
アトロピン硫酸塩水和物として、0.5~1mg(1~2管)を皮下注射するか、又は0.5~1mgを経口投与する。
中等症
アトロピン硫酸塩水和物として、1~2mg(2~4管)を皮下・筋肉内又は静脈内に注射する。必要があれば、その後20~30分ごとに繰り返し注射する。
重症
初回、アトロピン硫酸塩水和物として、2~4mg(4~8管)を静脈内に注射し、その後症状に応じてアトロピン飽和の徴候が認められるまで繰り返し注射を行う。
◇ECTの前投与の場合には、アトロピン硫酸塩水和物として、通常成人1回0.5mg(1管)を皮下、筋肉内又は静脈内注射する。
なお、年齢、症状により適宜増減する。
薬物動態
【薬物動態】
(参考)
ヒトにアトロピン硫酸塩水和物を2mg筋肉内投与したとき、血漿中濃度は投与後20分以内に最高(11.1μg/mL)に達し、3.8時間の半減期で減少する。1)24時間以内に投与量の85%が尿中に排泄されるが、尿中排泄物の約50%は未変化体であり、加水分解により生成するトロパ酸の排泄は2%以下である。2)
薬物動態の表
データが存在しません。

関連資料

添付文書
  • html
  • pdf
インタビューフォーム
  • pdf
くすりのしおり
患者向け医薬品ガイド
患者さん向け資材
Q&A
生物学的同等性に関わる資料
溶出挙動の同等性・類似性に関わる資料
溶出性に関わる資料
安定性に関わる資料(加速試験)
安定性に関わる資料(長期保存試験)
安定性に関わる資料(無包装状態)
割線入り錠剤の製剤均一性の資料
後発医薬品説明資料(案)
その他(配合変化試験等)

各種お知らせ

添付文書改訂のお知らせ
2019/07/09
販売名/包装変更のお知らせ
2019/12/09
2019/06/01
包装変更のご案内
<販売包装単位GS1コードに変動情報の追加 等>
【長期収載品】
アスパラカリウム錠300mg(バラ1000錠)・散50%・注10mEq
アスパラ注射液・配合錠、アスパラ-CA錠200
アスベリン錠10・20・散10%・シロップ0.5%/「調剤用」2%・ドライシロップ2%
アドナ錠10mg・30mg・散10%・注10mg・注(静脈用)25mg・50mg・100mg
アトロピン硫酸塩注0.5mg「タナベ」、アレギサール錠5mg・10mg・ドライシロップ0.5%
アロフト錠20mg、イノリン錠3mg・シロップ0.1%・吸入液0.5%
LH-RH注0.1mg「タナベ」、ガランターゼ散50%、注射用サイメリン50mg・100mg
セスデンカプセル30mg・注7.5mg、チウラジール50mg、チスタニン糖衣錠100mg
TRH0.5mg「タナベ」、ナイキサン錠100mg、ハイボン錠20mg・40mg・細粒10%・20%
ヒトCRH静注用100μg「タナベ」、ヒポクライン注射液1.2・2.4、ベストン糖衣錠(25mg)
ベラチン錠1mg・ドライシロップ小児用0.1%、メチエフ散10%・注40mg
2015/03/09
2010/01/12
2009/08/17
その他のお知らせ
2020/01/01
Copyright © 2017 NIPRO ES PHARMA. All Rights Reserved.