一般・患者のみなさま
icon

薬に関する
ご質問・ご相談は

かかりつけ薬局をつくろう!
かかりつけ薬局をつくろう!

お薬と病気のなるほどライブラリ

病気についてのおはなし

アレルギーについて

アレルギー性鼻炎の治療薬

お薬の種類

アレルギーを引き起こす化学伝達物質に作用するお薬

くしゃみや鼻水、鼻づまりの改善に使用されます。


●ケミカルメディエーター遊離抑制薬

肥満細胞からヒスタミンなどのアレルギー症状の原因となる化学伝達物質が出てくるのを抑えるお薬です。


●ケミカルメディエーター受容体拮抗薬

アレルギー症状の原因となる化学伝達物質がくっついて作用する場所(受容体)をブロックするお薬です。


※ケミカルメディエーター(化学伝達物質):ヒスタミン、ロイコトリエン、トロンボキサンなど

肥満細胞、ケミカルメディエーター遊離抑制薬、ケミカルメディエーター受容体拮抗薬

ステロイド薬(点鼻薬/経口薬)

アレルギーによる炎症を鎮めたり、アレルギー反応そのものを抑制します。
慢性化したり、重症で鼻の中が腫れて狭くなってしまった患者さんには、 鼻の中に使用するステロイド薬をすすめる場合もあります。


その他、鼻づまりを改善するためにTh2サイトカイン阻害薬や、 血管収縮薬(点鼻薬)、漢方薬などを使用することもあります。

アレルギー性鼻炎の薬は長期間服用する必要があるので、効果と副作用(とくに眠気)をあわせて考慮して、薬を選択します。
また、スギ花粉は1月あたりから少しずつ飛んでいます。本格的なシーズンが始まる前から薬を使用すると効果的です。

【監修】医薬情報研究所/株式会社エス・アイ・シー
公園前薬局(東京都)薬剤師 堀 美智子先生

前のページボタン 次のページボタン

当サイトに含まれている文書・写真・イラスト等の利用については、ご利用規約をご覧ください。

Copyright © 2017 NIPRO ES PHARMA. All Rights Reserved.