一般・患者のみなさま
icon

薬に関する
ご質問・ご相談は

かかりつけ薬局をつくろう!
かかりつけ薬局をつくろう!

お薬と病気のなるほどライブラリ

病気についてのおはなし

前立腺肥大症について

診断と検査

問診や各検査を行い、結果をもとに医師が診断します。
また、排尿障害をきたす他の病気や前立腺がんとの鑑別を行います。

●問診

症状の程度や経過、病歴などを問診します。
排尿症状の程度は、国際前立腺症状スコア(I-PSS)と
QOLスコアという質問票が用いられます。

●身体所見

直腸診により、前立腺の大きさ、硬さ、表面の状態を調べます。

●尿検査

尿路感染症や血尿などがないかを調べます。

●血液検査
(血清PSA検査)

腎臓の働きや、前立腺がんの有無を調べます。

●尿流検査

センサー付きの便器に排尿することで、尿流量が数値とグラフになり、排尿の勢いや排尿量・排尿時間を確認できます。

●超音波検査

前立腺や膀胱の状態、残尿量を測定します。

前立腺肥大症と前立腺がんの違いは?

前立腺肥大症は良性の腫瘍であるのに対し、前立腺がんは悪性腫瘍で、生命に大きな影響を及ぼします。発症年齢も同じくらいですが関係性はなく、前立腺肥大症が進行して前立腺がんになることはありません。しかし、併発することもあるため検査で調べる必要があります。

前立腺肥大症以外に排尿障害をきたす病気は?

  • 排尿を促す自律神経の障害によって起こる神経因性膀胱
  • 膀胱内や尿道に細菌が侵入して炎症を起こす膀胱炎・尿道炎
  • 泌尿器の各部に結石ができる膀胱結石・尿路結石・尿道結石
  • 女性特有の病気では子宮筋腫などがあります。

【監修】医薬情報研究所/株式会社エス・アイ・シー
公園前薬局(東京都)薬剤師 堀 美智子先生

前のページボタン 次のページボタン

当サイトに含まれている文書・写真・イラスト等の利用については、ご利用規約をご覧ください。

Copyright © 2017 NIPRO ES PHARMA. All Rights Reserved.