一般・患者のみなさま
icon

薬に関する
ご質問・ご相談は

かかりつけ薬局をつくろう!
かかりつけ薬局をつくろう!

お薬と病気のなるほどライブラリ

病気についてのおはなし

高血圧について

家庭血圧の正しい測り方 

せっかく血圧を測定しても、正しい家庭血圧の測定方法でなければ正確な血圧は得られません。家庭で血圧を測る際は、以下のポイントを参考にしましょう。

ポイント1

朝と夜に測定しましょう
【朝】
起床後1時間以内・朝食前・服薬前

【夜】
就寝前
朝と夜に測定しましょう

  • できるだけ同じ状態、同じ時間に測定します。

ポイント2

トイレを済ませてから測定しましょう

トイレを済ませてから測定しましょう

  • トイレを我慢していると、血圧は上昇することがあります。

ポイント3

1~2分安静にしてから測定しましょう

1~2分安静にしてから測定しましょう

 

ポイント4

上腕用の血圧計を使用しましょう

上腕用の血圧計を使用しましょう

  • カフ(圧迫帯)をややきつめ(指が1~2本入るくらい)に上腕に巻きます。
  • 上腕をテーブルなどに乗せ、カフが心臓と同じ高さになるようにして測定します。
  • 1度に2回測定して、その平均を用います。
  • 原則として利き手の反対側で測定しましょう。ただし、血圧値に左右差がある場合は利き手側でも測定しましょう。

ポイント5

血圧手帳に記録しましょう

血圧手帳に記録しましょう

  • 日付、時刻、血圧、脈拍、メモ(血圧に影響を与える内容や気になる点)などを記録します。
  • 診察時、記録した血圧手帳を医師に見せ、気になることがあれば相談しましょう。

注意
血圧は、心臓の拍動数(70拍動数/分×60分×24時間=約10万回/日)だけ存在し、時間帯や測定環境などにより変化するものです。多少の数値の変化に一喜一憂するのではなく、一定期間の推移を見守ることが重要です。 また、血圧が安定したからといって、ご自身の判断で服薬を中止したり、服薬回数を減らさないようにしましょう。

【監修】医薬情報研究所/株式会社エス・アイ・シー
公園前薬局(東京都)薬剤師 堀 美智子先生

前のページボタン 次のページボタン

当サイトに含まれている文書・写真・イラスト等の利用については、ご利用規約をご覧ください。

Copyright © 2017 NIPRO ES PHARMA. All Rights Reserved.