一般・患者のみなさま
icon

薬に関する
ご質問・ご相談は

かかりつけ薬局をつくろう!
かかりつけ薬局をつくろう!

お薬と病気のなるほどライブラリ

病気についてのおはなし

高血圧について

あなたは高血圧? 

高血圧の診断基準

診察室での血圧値
収縮期血圧が140mmHg以上かつ/または拡張期血圧が90mmHg以上
家庭での血圧値
収縮期血圧が135mmHg以上かつ/または拡張期血圧が85mmHg以上

収縮期血圧(最高血圧):心臓が収縮したときの血圧。血液が心臓から全身に送り出された、最も血圧が高い状態。
拡張期血圧(最低血圧):心臓が拡張したときの血圧。全身を循環する血液が心臓へ戻った、最も血圧が低い状態。

おじさんイラスト

*医療機関で測定する血圧を「診察室血圧」、家庭で測定する血圧を「家庭血圧」と呼びます。
診察室血圧と家庭血圧の間に診断の差がある場合、家庭血圧による診断が優先されます。

降圧目標値を知りましょう

治療の目標となる降圧目標値の例は以下の通りです。

降圧目標値の一例

75歳未満の成人 75歳以上の高齢者
診察室血圧(mmHg) <130/80 診察室血圧(mmHg) <140/90
家庭血圧(mmHg) <125/75 家庭血圧(mmHg) <135/85

日本高血圧学会高血圧治療ガイドライン作成委員会 編:
高血圧治療ガイドライン2019(JSH2019), 2019, ライフサイエンス出版をもとに作成

患者さんの年齢や合併症の有無によって異なります。
降圧目標値については、かかりつけの先生に相談しましょう。

【監修】医薬情報研究所/株式会社エス・アイ・シー
公園前薬局(東京都)薬剤師 堀 美智子先生

前のページボタン 次のページボタン

当サイトに含まれている文書・写真・イラスト等の利用については、ご利用規約をご覧ください。

Copyright © 2017 NIPRO ES PHARMA. All Rights Reserved.