一般・患者のみなさま
icon

薬に関する
ご質問・ご相談は

かかりつけ薬局をつくろう!
かかりつけ薬局をつくろう!

お薬と病気のなるほどライブラリ

病気についてのおはなし

認知症について

認知症の診断と治療

診断
本人や家族への問診、知能テスト、画像診断、血液検査などの結果を総合的にみて、診断がされます。

本人や家族への問診、知能テスト、画像診断、血液検査などの結果を総合的にみて、診断がされます。日々の生活の様子や、いつ頃から症状が出始めたか…などの情報も診断の際に必要となりますので必ずご家族の方と一緒に病院に行くようにします。

ご本人もしくはご家族の方で、「もしかしたら認知症かもしれない」と思い当たることがありましたら、早めに医師に相談しましょう。
かかりつけの病院で気になることを相談するのもよいでしょう。
「もの忘れ外来」など認知症を専門に診察する医師もいます。

治療
認知症の治療においては、早期からの適切な治療が大切です。

現在ではまだ認知症を治すことはできませんが、治療やケアにより症状の進行を軽くしたり遅らせることができます。また、早めに治療を開始するほど、治療効果が高いことがわかっています。
認知症の治療においては、早期からの適切な治療が大切です。

認知症における治療の目標は、症状の進行を遅らせて患者さんのQOLを維持することです。ご家族や介護者は、治療は病気を治すものではないことを理解したうえで患者さんの治療に対する意欲を導き出すことが重要です。

【監修】医薬情報研究所/株式会社エス・アイ・シー
公園前薬局(東京都)薬剤師 堀 美智子先生

前のページボタン 次のページボタン

当サイトに含まれている文書・写真・イラスト等の利用については、ご利用規約をご覧ください。

Copyright © 2017 NIPRO ES PHARMA. All Rights Reserved.