一般・患者のみなさま
icon

薬に関する
ご質問・ご相談は

かかりつけ薬局をつくろう!
かかりつけ薬局をつくろう!

お薬と病気のなるほどライブラリ

病気についてのおはなし

COPDについて

COPDの検査方法

スパイロメトリーを用いてCOPDの診断を行います

スパイロメトリーを用いてCOPDであるかどうかの診断を行います。
この検査では、できるだけ大きく息を吸った後、吸った息を一気に強く吐き出したときの空気の最大量「努力性肺活量(FVC)」と、最初の1秒間に吐き出せる空気の量「1秒量(FEV1)」を測定し、1秒量を努力肺活量で割った「1秒率(FEV1.0%)」を算出します。(FEV1.0%=FEV1÷FVC×100)
ただし、COPD以外の病気が原因で1秒率に影響が出ている可能性もあるため、血液検査、胸部X線検査、胸部CTなどによる検査を行い、他の病気の有無を調べます。

近年は簡便に肺機能の主要項目を測定できるハイ・チェッカーを用いてCOPDの疑いを確認することもあります

COPDでは早期発見が重要となるため、近年は、簡便に肺機能の主要項目を測定できるハイ・チェッカーを用いて、COPDの疑いを確認することもあります。この検査では、1 秒量(FEV1)などの肺機能の主要項目を測定します。
また、平均的な肺年齢も表示されます。

【監修】医薬情報研究所/株式会社エス・アイ・シー
公園前薬局(東京都)薬剤師 堀 美智子先生

前のページボタン 次のページボタン

当サイトに含まれている文書・写真・イラスト等の利用については、ご利用規約をご覧ください。

Copyright © 2017 NIPRO ES PHARMA. All Rights Reserved.