一般・患者のみなさま
icon

薬に関する
ご質問・ご相談は

かかりつけ薬局をつくろう!
かかりつけ薬局をつくろう!

お薬と病気のなるほどライブラリ

病気についてのおはなし

高尿酸血症について

高尿酸血症とは?

ポイント1-尿酸値が高くなる原因は体の中で尿酸が作られすぎることや、体の外へ捨てられる量が少なくなることなどです。

個人差がありますが、一般的にいわれているのは尿酸の8〜9割が体の中の プリン体から合成され、残りが食事で摂取したプリン体からとされています。
尿酸は尿や便から排泄されますが、体の中で尿酸が作られすぎること(産生過剰)や体の外へ捨てられる量が少なくなること(排泄低下)が、尿酸値を高くする原因です。

ポイント2-治療方針は?

高尿酸血症とは、体の中に「尿酸」という物質が増え、そのまま放っておくと関節や腎臓などに結晶としてたまっていく病気です。血清尿酸値が7.0mg/dLを超えると黄信号で、さらに8.0mg/dL以上ある場合は、痛風発作がいつ起こってもおかしくない赤信号状態といえます。症状がないからといって放置していると、発作を引き起こすだけでなく、腎臓の働きが悪くなってしまいます。また、脳卒中や心筋梗塞などの危険因子ともなります。
それを防ぐため、生活習慣の改善や薬物療法により、血清尿酸値を正常範囲まで下げ、コントロールすることが大切です。

【監修】医薬情報研究所/株式会社エス・アイ・シー
公園前薬局(東京都)薬剤師 堀 美智子先生

前のページボタン 次のページボタン

当サイトに含まれている文書・写真・イラスト等の利用については、ご利用規約をご覧ください。

Copyright © 2017 NIPRO ES PHARMA. All Rights Reserved.