一般・患者のみなさま
icon

薬に関する
ご質問・ご相談は

かかりつけ薬局をつくろう!
かかりつけ薬局をつくろう!

お薬と病気のなるほどライブラリ

もっと知ろう!ジェネリック医薬品のこと

薬の保管方法

薬の取り扱いで気をつけること

古くなった薬は使用期限内であっても使わないようにしましょう

薬自体は使用期限内であっても、以前と同じように薬を使用してよいかどうかは医師や薬剤師の判断が必要です。必ず相談しましょう。

※高血圧や脂質異常症、白内障などで同じ薬を長く使っているときは、以前の薬が活用できる場合があります。前回分の残っている薬がないかを確認し、医師や薬剤師に伝えてください。 捨てる薬を少なくすることが大切です。

自分と同じ症状が出ていても薬を他人にあげないようにしましょう

病院や診療所で処方された薬は、その方の体質やその時の症状、他にかかっている病気などを考慮して選んでいます。自分と同じ症状だと思っても同じ病気とは限りませんし、人によっては使ってはいけない薬もあります。同じような症状であっても家族や知人に薬をあげないでください。

※以前もらった解熱剤を子供のインフルエンザの発熱時に使用し、インフルエンザ脳症から死亡例の報告があります。インフルエンザの発熱時に使用してはいけない解熱剤もいろいろあります。

【監修】医薬情報研究所/株式会社エス・アイ・シー
公園前薬局(東京都)薬剤師 堀 美智子先生

前のページボタン 次のページボタン

当サイトに含まれている文書・写真・イラスト等の利用については、ご利用規約をご覧ください。

Copyright © 2017 NIPRO ES PHARMA. All Rights Reserved.